マダムNの神秘主義的エッセー

神秘主義的なエッセーをセレクトしました。

☆インデックス

0 当ブログについて

1 文学賞落選、夢の中のプードル

2 マザコンのバルザック?

3 精神安定剤の思い出

4 イエスの弟子マリアについて、ちょっとだけ

5 自己流の危険な断食の思い出

6  死者の行動について、ちょっとだけ

7 惑星について

8 息子の夢と前世のわたし

9 『テレプシコーラ』の千花から連想した『アルゴノオト』の井亀あおい

10 心臓の発作のあとで空想した、あの世のシステム

11 心臓の発作のあとで想像した、この世からの旅立ち

12 恩師の命日に

13 十五夜に寄せて

14 嫌悪感と病気の関係、そして光の贈り物

15 最愛の子にブッダと呼ばれたガブリエラ・ミストラル――その豊潤な詩また
神智学との関わりについて

16 フランス文学界の最高のオカルティスト、とブラヴァツキーにいわせたバルザック

17 映画『ヒトラー ~最期の12日間~』を観て―2005.10―

18 第44回総選挙のときに見た不吉な兆し

19 映画『インディ・ジョーンズ クリスタル・スカルの王国』を観て

20 バルザックと神秘主義と現代

21 息子と喧嘩して思い出した、妊娠中のある出来事

22 グレイ 著『ペンギン評伝双書 シモーヌ・ヴェイユ 』を読了後に

23 ミクロス・ヴェトー(今村純子訳)『シモーヌ・ヴェイユの哲学―その形而上学的転回』から透けて見えるキリスト教ブランド

24 ルネ・ゲノンからシモーヌ・ヴェイユがどんな影響を受けたかを調べる必要あり

25 ブラヴァツキー批判の代表格ゲノンの空っぽな著作『世界の終末―現代世界の危機』

26 ブラヴァツキーの神智学を誹謗中傷する人々 ①ブラヴァツキーとオウムをくっつける人

27 もう一つの世界への扉であるような作品を書いていきたい

28 二つの神智学協会(追記:初めてヘレナ・レーリッヒの写真を見て)

29 わたしが観察したオーラと想念形体、そしてプライバシーに関わると考える他人のオーラ

30 テレパシーといわれる体験から思うこと

31 「内側」の拡がりを欠くジブリ映画『思い出のマーニー』

32 神格化された漱石 ①神仏分離政策の影

33 新訳『北風のうしろの国』、ジョージ・マクドナルドとC・S・ルイス

34 枕許からのレポート

35 本もオーラを放っている

36 シネマ「アレクサンドリア」 ①新プラトン主義最後の女性哲学者、ヒュパティア

37 シネマ「アレクサンドリア」 ②ヒュパティアが属した新プラトン派

38 シネマ「アレクサンドリア」 ③現代の科学者にすぎなかった映画のヒュパティア

39 魔女裁判の抑止力となった、暗黒の時代の神秘主義者たち

40 ブラヴァツキーの神智学を誹謗中傷する人々 ②三浦関造の雛たちに危いまなざしを向ける人

41 個人を取り巻いているオーラの質

42 レオ・ペルッツが飼っていたレオ・ペルッツ虫と神智学

43 H・P・ブラヴァツキーが出てきた最近の単なる夢三つ

44 ヴァージニア・ウルフの知性美と唯物主義的極点

45 祐徳稲荷神社参詣記 ①2012~2014年

46 ブラヴァツキーの神智学を誹謗中傷する人々 ③ブラヴァツキーの名誉回復

47 アルコールの害について(成仏した義祖父の話)

48 失われたと思っていた中国五千年の芳香

49 絵画に見る様々なマグダラのマリア

50 ウィリアム・ジェームズに対する疑義、神智学協会国際本部7代会長だったラーダ・バーニアのインド舞踊

51 神智学協会の歴史を物語る古い映像を含むドキュメンタリー

52 座右の書にふさわしいH・P・ブラヴァツキー『沈黙の声』

53 ブラヴァツキーの神智学を誹謗中傷する人々 ④ 浮かび上がる反日・在日問題、新興キリスト教問題、ヒプノセラピー(催眠療法)問題

54 ブラヴァツキーの神智学を誹謗中傷する人々 ⑤バッシングから遂にブラヴァツキーがゲームのキャラに

55 ブラヴァツキーの神智学を誹謗中傷する人々 ⑥20世紀前半のイタリアで

56 ブラヴァツキーの神智学を誹謗中傷する人々 ➆吉永進一「近代日本における神智学思想の歴史」から連想したオカルト情報誌とW・ジェームズ

57 ブラヴァツキーの神智学を誹謗中傷する人々 ⑧吉永進一「近代日本における神智学思想の歴史」の中で印象操作される三浦関造

58 神智学をさりげなく受容した知識人たち――カロッサ、ハッチ判事 ①ハンス・カロッサ

59 神智学をさりげなく受容した知識人たち――カロッサ、ハッチ判事 ②ハッチ判事

60 憑依と、成仏した義祖父の後日談(お酒好きな人々への野暮な警告)

61 大戦前後の日本が透けて見えてくる、岩間浩編著『綜合ヨガ創始者 三浦関造の生涯』

62 マルク・シャガールが描いた愛と『聖書』

63 心霊主義に傾斜したメーテルリンクの神智学批判と、風評の原因

64 2016年に、実質的終焉を告げたノーベル文学賞

65 神智学に満ちているアントニオ・タブッキの世界 ①「ベアト・アンジェリコの翼あるもの」

66 神智学に満ちているアントニオ・タブッキの世界 ②「インド夜想曲」

67 神智学に満ちているアントニオ・タブッキの世界 ③タブッキの円熟とフェルナンド・ペソアの青い果実

68 今東光が訳した神智学書籍と日教組批判活動

69 イルミナティ用語としての「市民」