マダムNの神秘主義的エッセー

神秘主義的なエッセーをセレクトしました。

7 惑星について

まだ国際天文学連合(IAU)総会で新定義として提案された段階ではあるけれど、太陽系の惑星が一挙に3つ増えるかもしれないという新聞記事を読み、楽しい気分になった。

その3つの惑星とは、太陽から遠い順からいって、冥王星より大きい「2003UB313」、冥王星の衛星とされていた「カロン」、小惑星とされていた火星と木星との間にある「セレス」である。

なお、冥王星カロンは、これまでのような惑星と衛星の関係ではなくなり、2つの星が周回し合う二重惑星ということになるのだそうだ。

ここで、わたしが思い出したのが、ブラヴァツキーの『シークレット・ドクトリン 宇宙発生論(上)』の中にある奇妙な記述であった。

本当の東洋のオカルティストならば、太陽系には未発見の惑星は沢山あるが、海王星は太陽と明らかに関係があり、その影響を受けるにもかかわらず太陽系に属するものではない、と主張するであろう。東洋のオカルティストたちによると、海王星と太陽の関係はマーヤ的なもの、即ち想像上のものであるという。*1

これは、どういうことなのか。海王星は巨大なガス惑星で、太陽から非常に遠く、肉眼では決して見えない惑星として知られているが、太陽系に属しないだなんて。冥王星には惑星ではないという議論があるようだが。

彼女は1891年に亡くなっているので、そのとき、まだ冥王星は発見されていなかった。もし彼女の存命中に冥王星が発見されていたとしたら、それについてはどういったのだろうか。

海王星に関する彼女のこの言葉は、古代の東洋の聖典につけられた注釈のごく小さな一部分である。『シークレット・ドクトリン』は難解な著書で、わたしなどには何のことだか大半がわからないことだらけなのだが、この著書の傾向から見て、海王星に関する記述は、惑星の物質的な側面にとどまらない、霊的本質にまで踏み込んだものであるに違いないと思われる。

単純に嘘だといえないのは、こうした書きかたがされているからなのだ。

いずれにしても、星々に想いを馳せていると、体の不調なんて忘れてしまう。

 

〔追記〕

PIA18179 d-Pluto270-Hubble2003-20100204 

1930年にクライド・トンボーによって発見され、太陽系第9惑星とされていた冥王星。2006年14日から25日までチェコプラハで開かれていた国際天文学連合の総会で「惑星の定義」が採択され、冥王星準惑星に分類された。

 

マダムの覚書、2006年8月19日 (土) 07:45

*1:H・P・ブラヴァツキー(田中恵美子、ジェフ・クラーク訳)『シークレット・ドクトリン (宇宙発生論 上)』p.329註34、神智学協会ニッポン・ロッジ、1989年