マダムNの神秘主義的エッセー

神秘主義的なエッセーをセレクトしました。

49 絵画に見る様々なマグダラのマリア

f:id:madame-nn:20140923082850j:plain

出典:Pixabay

執筆中の拙児童小説『不思議な接着剤』にはグノーシス主義福音書文書の一つ  『マリアによる福音書』に登場するマグダラのマリアをモデルとした人物を登場させるため、マグダラのマリアについて自分なりに調べてきた。

マグダラのマリアを調べるということは原始キリスト教グノーシス主義について調べるということでもあるが、参考資料を探すうちに神智学徒として馴染んできたH・P・ブラヴァツキーの諸著がこの方面の研究には欠かせないことがはっきりしてきた。

並外れた神秘主義者であったH・P・ブラヴァツキー(1831年8月12日 – 1891年5月8日)は古代思想の優れた研究家であった。

わたしは英語が苦手なので邦訳が出るのを待たなければならないが、特に参考になりそうなのは Isis Unveiled である。

2巻本の原書に対して4冊構成となっている邦訳版はこれまでに2冊が上梓されており、その2冊H・P・ブラヴァツキー(ボリス・デ・ジルコフ編、老松克博訳)『ベールをとったイシス 第1巻 科学 上』(竜王文庫、2010)、H・P・ブラヴァツキー(ボリス・デ・ジルコフ編、老松克博訳)『ベールをとったイシス 第1巻 科学 下』(竜王文庫、2015)にはキリスト教が出てきた背景やグノーシス主義について、多くの記述がある。

キリスト教権威主義が原因でブラヴァツキーの諸著がアカデミズムから閉め出されている現状は、人類の思想史研究にとって大きな損失だと思われる。

マグダラのマリアについて、少しずつまとめながら当ブログにエッセーとして収録していきたいと考えている。

 

絵画によるマグダラのマリアの競演

手始めに、マグダラのマリアを題材としたパブリック・ドメインの絵画作品を鑑賞してみたい。

聖書の人物によって衣服の色がおおむね定まっており、聖母が青や紺色の衣やマントを着るのに対し、マグダラのマリアは緑色の下衣、朱色のマントを身につける事が多い。*1

f:id:madame-nn:20160505032924j:plain

初期フランドル派の画家ロヒール・ファン・デル・ウェイデン(1399年頃 - 1464年6月18日)の聖マグダラのマリア。当時のフランドル女性という感じだが、右手を香油壺にかけている。衣装の左腕の模様が任侠映画に出てきそうな和柄っぽく見える……。

f:id:madame-nn:20160504130602j:plain

16世紀に描かれたマグダラのマリア。円光がまるで麦藁帽子のよう。

f:id:madame-nn:20160505033132j:plain

ルネサンス期のイタリアの画家ティツィアーノ・ヴェチェッリオ(1488年頃 - 1576年8月27日)の『懺悔するマグダラのマリア』(1533年頃)。豊かな髪の毛をショールのように使って中途半端に裸体を隠している。風呂上りかと思ってしまう。傍らに香油壺。

f:id:madame-nn:20160504135002j:plain

ルネサンス期のイタリアの画家パオロ・ヴェロネーゼ (1528年 - 1588年)の『マグダラのマリアの改宗』(1547年頃)。1573年7月、ヴェロネーゼ は異端審問に召喚された。サンティ・ジョヴァンニ・エ・パオロ教会の食堂の壁画『最後の晩餐』の型破りな描き方が問題視されたのだった。彼は作品を描き直すようにとの命令に屈せず、タイトルを『レヴィ家の饗宴』と変更して済ませたという。

f:id:madame-nn:20160505033150j:plain

マニエリスム期のギリシアの画家エル・グレコ(1541年 - 1614年4月7日)の『悔悛するマグダラのマリア』(1576年 - 1577年)。

画家の筆は悔悛直後のマグダラのマリアを捉えたのだろうか。

髑髏が聖書に置かれている。よくマグダラのマリアと一緒に描かれる髑髏だが、イエスゴルゴダの丘磔刑死した。

ゴルゴダとはアラム語Golgothaで、頭蓋骨を意味するという。

頭蓋骨の形をした丘でイエス磔刑に処されたのだ。イエスの死を見届けたマグダラのマリアが頭蓋骨(髑髏)と共に描かれるのは、そうした意味からなのか?

f:id:madame-nn:20160505033206j:plain

バロック期のスペインの画家ホセ・デ・リベーラ(1591年1月12日 - 1652年)の『マグダラのマリアの浄化』(1636年)。

バルトロメ・エステバン・ムリーリョ(1617 年12月31日 - 1682年4月3日)の『無原罪のお宿り(「スルトの無原罪のお宿り」または「ベネラブレスの無原罪のお宿り」と呼ばれる)』(1678年頃)は似た構図。マグダラのマリア聖母マリアというテーマの違いはあるけれど。

f:id:madame-nn:20160505023222j:plain

ムリーリョの聖母の絵はクリスマスのカードなどにもよく使われているようだ。

『NHKプラド美術館4 民衆の祈りと美 リベーラ、スルバラン、ムリーリョ』(責任編集 大高保二郎・雪山行二、日本放送出版協会、1992)によると、ムリーリョの妻ベアトリスは産褥熱が原因で40歳で亡くなり、子供たちの多くも亡くなってしまった。娘はフランシスカだけとなったが、彼女は聾者で、ドミニコ会修道院に入った。パロミーロによれば、ムリーリョは「画才も人柄も天賦の素質に恵まれ、善良温厚で、優しく、謙虚で慎ましい人間であった」という。

前掲の『無原罪のお宿り』は深々とした母性を感じさせ、次に示すそれ以前の1660年~65年頃に制作された『無原罪のお宿り(特に「エスコリアルの無原罪のお宿り」の名で知られる)』は清浄そのものといってよいのか、清純そのものといってよいのかわからないが、比類ない美しさを湛えている。

f:id:madame-nn:20160504130807j:plain

ムリーリョは何枚もの無原罪のお宿りを制作しており、マグダラのマリアも複数制作している。

f:id:madame-nn:20160505023805j:plain

ムリーリョの聖マグダラのマリア。1650年~55年頃の制作。印象的な作品だが、一般女性の渾身の祈りという感じである。何かに恐怖しているようにも見える。マグダラのマリアの前方に聖書、髑髏、香油壺が配置されている。

f:id:madame-nn:20160504143116j:plain

フランス古典主義の画家ジョルジュ・ド・ラ・トゥール(1593年3月19日 - 1652年1月30日)。『悔い改めるマグダラのマリア』(1635年頃)、ナショナル・ギャラリー。

光と影が織りなす謎めいたムード。髑髏に左手をかけて瞑想するマグダラのマリアが占い師のように見える。

f:id:madame-nn:20160505033234j:plain

同じくジョルジュ・ド・ラ・トゥールの『悔い改めるマグダラのマリア』(1635年頃)、メトロポリタン美術館。これも光と影の使い方が巧妙。膝の上に髑髏あり。髑髏の代わりに猫でもいいような気がする。

f:id:madame-nn:20160504194952j:plain

現代女性風だと思ったら、これまでの絵よりは時代が下った19世紀、オランダ生まれのフランスの画家アリ・シェフェール(1795年2月10日 - 1858年6月15日)によるマグダラのマリアだった。

f:id:madame-nn:20160504193209j:plain

イギリスのノリッジに生まれたラファエル前派の画家アントニーオーガスタス・フレデリック・サンズ(1829年 - 1904年)のマグダラのマリア。美しい絵だけれど、香油壺を手にしていなければ、マグダラのマリアとはわからない。

f:id:madame-nn:20160504193447j:plain

ロシア帝国の画家ヴィクトル・ミハイロヴィチ・ヴァスネツォフ(1848年5月15日 - 1926年6月23日)の「マグダラのマリア」(1898年)。超然としたムードが神話に登場する女神のようだ。マリアは香油壺を手にしている。

他にも様々なマグダラのマリアが描かれてきたが、次に紹介する東方正教会マグダラのマリアのイコン(14~17世紀)を観たとき、決定版はこれだと思った。

f:id:madame-nn:20160505024158j:plain

一般人でない感じが出ているのは、これが一番ではないだろうか。マグダラのマリアがイエスに最後まで付き従った志操堅固な弟子だったことからすると(他の弟子たちは怖じ気づいて逃げてしまった)……場所柄からも……

萬子媛の肖像画を連想してしまった。

東方教会が伝える、誇り高く行動的なマグダラのマリア(主の復活の第一証人、方々へ伝道、ローマ第二代皇帝にイエスの冤罪を直訴)

西方教会ではベタニアのマリア、罪の女がマグダラのマリアと同一視され、特に悔悛した娼婦というイメージが形成されたのに対して、東方正教会では同一視されなかった。描かれるマグダラのマリアに違いがあるのは伝承の違いによる。

東方正教会マグダラのマリアはどのように語り伝えられているのか、ウィキペディアから引用しておく。

伝説
(……)マグダラのマリアは晩年にイエスの母マリア、使徒ヨハネとともにエフェソに暮らしてそこで没し、後にコンスタンティノポリス(現イスタンブール)に移葬されたと信じられている。

 

正教会での伝承の概略

マグダラのマリアについて、福音書に記載の無い伝承は以下の通りである。

  • 主の升天後、生神女聖母マリア)や使徒達とともに常に祈り、広くエルサレム中に主の復活を伝え、第一の証人となった。
  • 神の道を伝えるために、方々を旅した。
  • ローマへ行き、皇帝ティベリウスに会って紅い鶏卵を献上し、ハリストス(キリスト)の復活を伝え、主の十字架の死を物語り、ピラトによるイイスス・ハリストスの死刑は不法であったと皇帝に訴えた。ユダヤ人には、貧しい者が祝賀・敬意の気持ちを示す際に鶏卵を贈る習慣があり、この習慣に則ってマグダラのマリアが皇帝に紅卵を献上してから、復活の記憶(復活大祭)に鶏卵を贈る習慣が始まった。*2 

f:id:madame-nn:20160504201050j:plain

レオナルド・ダ・ヴィンチの最後の晩餐より、部分。 イエスの向かってすぐ左隣に位置する女性的な風貌の人物は使徒ヨハネとされているが、一説ではマグダラのマリアともいわれている。

エスが結婚していたとする説

エスが結婚していたという説もある。

2012年9月18日付ロイターの記事*3によると、エジプトかシリアで発見されたと考えられている、名刺サイズのコプト語古代エジプト語)で書かれた文献に、「イエスは彼らに言った。『私の妻は』」などと記されているという。

発表したのは、カレン・L・キングで、アメリカのハーバード大学神学部・古代キリスト教史の教授。『マグダラのマリアによる福音書』研究の世界的第一人者である。

キング教授は、発見された文献について、キリストが結婚していたことの証明とはならないとした上で、初期の信者の一部がキリストに妻がいたと信じていたことを示す初の証拠となるものだとの見解を表明したという。

マイケル・ベイジェント&リチャード・リー&ヘンリー・リンカーン(林和彦訳)『レンヌ=ル=シャトーの謎――イエスの血脈と聖杯伝説――』(柏書房、1997)の《1996年版のあとがき》に次のような記述がある。

ユリ・ストヤノフは、著書『ヨーロッパ異端の源流』の調査中に尋常でない刺激的な文書を入手した。この文書は、とくにラングドッグ地方のカタリ派思想について詳しく解説したものである。この文書はおそらく司祭のカトリック作家が編纂したもので、彼はカタリ派の上層部に入りこみ、新入会員の教育の場に出席した。この場で、危険な秘密が将来の「完徳者」に伝授されたらしい。この文書からユリ・ストヤノフは、カタリ派ではイエスとマグダラがまさに結婚していたことが、ひそかに教えられていることを発見した(Stoyanov,Y., The hidden Tradition in Europe, London, 1994, pp 223-23)。

 マダムの覚書、2016年2月23日 (火) 19:31

エスの愛しておられた者とは誰か?(横になって食事するローマ式だった最後の晩餐)

2016年4月6日における追記:イエスの愛しておられた者とは誰か?

ヨハネ福音書』がグノーシス的とは一般にもいわれているところで、カタリ派グノーシス的であったことから考えると、カタリ派が『ヨハネ福音書』を愛した理由もわかる気がしたのだが、結局のところ偏愛したほどの理由がわたしにはわからなかった。

ところが、エレ―ヌ・ペイゲルス&カレン・L・キング(山形孝夫・新免貢訳)『「ユダ福音書」の謎を解く』(河出書房新社、2013)を読む中で、共観福音書ヨハネ福音書の違いを改めて意識させられ、なるほど……と思わせられた。

共観福音書というのは、比較のための共観表が作成されたマルコ福音書、マタイ福福音書、ルカ福音書のことで、この三つの福音書は共通点が多い。

エレ―ヌ・ペイゲルス、カレン・L・キングはイエス亡きあと、集団の指導者争いが起きた可能性が高いことに注意を促し、マルコ福音書、マタイ福音書、ルカ福音書がペトロを指導者として描いているのに対して、ヨハネ福音書だけが違った見方を示していると書く。

ヨハネ福音書』の著者も、ペトロが弟子集団のなかで重きをなしていることを認めている。しかし、著者は一貫して、弟子集団のなかで最も高位にある者と彼が見なす者――それは「イエスの愛しておられた者」(『ヨハネによる福音書』13章23節)と彼が単純に呼ぶ者――を除けばの話であると限定づきである。*4

ヨハネ福音書』では、「イエスの愛しておられた者」は明らかにペトロより高位に置かれている。「イエスの愛しておられた者」はヨハネ福音書にはたびたび登場し、共観福音書には登場しない。

このイエスに愛された弟子が誰であったかについて、古来憶測を呼んだようであるが、わたしはこの人物の特異な描かれ方について、昨日になるまで全く気づかなかった。

レオナルド・ダヴィンチ「最後の晩餐」からダン・ブラウンダ・ヴィンチ・コード』に至るまでイエスの影のように存在する人物像のモチーフとなり、果てはバチカンに付きまとう男色傾向の原因となってきたものが何であるかをわたしはこれまでわかっていなかったことになる。

だが、それもそのはず、翻訳の問題があったのである。主に新改訳聖書刊行会訳で新約聖書を読んできたわたしが気づかなかったのも仕方がない。

「イエスの愛しておられた者」を女性と考えるか男性と考えるかで、ヨハネ福音書の世界は180度変わってくる。

その部分を、わたしが大学時代、集中的に丹念に読んだ新改訳聖書刊行会訳と後年参考のためにカトリック教会付属の書店で買ったフランシスコ会聖書研究所訳とで比較してみよう。

新改訳聖書刊行会訳『聖書 新改訳』(日本聖書刊行会、1978・2版)

弟子のひとりで、イエスが愛しておられた者が、イエスの右側で席に着いていた。*5

フランシスコ会聖書研究所訳『新訳聖書』(中央出版社、改訂1984

弟子の一人が、イエズスの胸に寄り添って食事の席に着いていた。その弟子をイエズスは愛しておられた。(11)*6

フランシスコ会聖書研究所訳では異様な光景に思えるが、この箇所には次のような注がつけられている。

「食事の席に着いていた」は直訳では「横になっていた」。宴会では、身を横たえながら左肘をついて食事をするのが当時の習慣であった。「弟子の一人」はイエズスの右側に横になり、顔をイエズスの胸に近づけていたのであろう。*7

エスたちはローマ式のマナーで食事をしていて、最後の晩餐でもそうであったというだけの話であるが、そうした予備知識なしに読むと、何だか官能的なムードの最後の晩餐に思えてギョッとする。

何にしても、最後の晩餐でイエスや弟子たちが身を横たえて飲み食いしていたと考えると、イメージが狂う。

自身の磔刑死を予感していたイエスが最後の晩餐の席で最愛の者を最も身近に置きたいと思ったとしても、何の不思議があろうか。

エスがしばしばラビと呼ばれ、ラビは結婚していたことが普通であったことから考えると、その最愛の者が最高位の弟子であり、また最愛の者であったと外典が語るマグダラのマリアであっては、なぜいけないのか。

正典から除外された、いわゆる「外典」に分類されるグノーシス主義福音書『マリア福音書』ではマグダラのマリアとペトロが口論し、『フィリポ福音書』ではイエスマグダラのマリアを全ての弟子たちよりも愛してしばしば口づけしたと書かれ、『トマス福音書』では女性蔑視とマグダラのマリアに対する敵意を露わにするペトロをイエスがたしなめる。

こうした外典を知ってしまうと、イエスに愛された弟子はマグダラのマリア以外に考えられず、その事実をぼかし、曖昧にするために架空の「イエスに愛された弟子」が追加されたとしか考えられなくなる。

つまり、「イエスに愛された弟子」もまたマグダラのマリアであり、マグダラのマリアは表現上の工夫から二人に分けられた。ヨハネ福音書ではマリアをペトロより高位に位置づけながら、そのことをぼかすために架空の弟子が配置させられたのだ……

グノーシス主義的な福音書が正典として生き残ってこられたのは、こうした工夫があったからこそだろう。もっとも、「イエスの愛しておられた者」が実在した他の人物であったことを否定する根拠には乏しい。

ヨハネ福音書をごく素直に読めば、「イエスに愛された弟子」は使徒ヨハネだと考えるのが自然であろうから、そうだとすれば、そこにはプラトン描く美少年愛好癖のソクラテスかと見まごう光景が最後の晩餐では繰り広げられていたことになり、バチカンが男色にお墨付きをもらったような気分に誘われるのも道理な話ではある。

ただ実際にはソクラテスの美少年愛好癖はひじょうにプラトニックな、情操を高めるためのアイテムといってよい性質のものだと思われ、こうした傾向にしても、「秘すれば花」的男色を語る『葉隠』にしても、ここまでプラトニックになると、もはや男色とは呼べない種類のひじょうに高級な情操であろう。

エスと母マリアが列席している印象的なカナの婚宴が出てくるのも、ヨハネ福音書である。イエス自身の婚宴との説もある(結婚相手はマグダラのマリア)。他人の婚宴で、母マリアが葡萄酒の心配をして息子イエスに相談するのは妙だが、それが息子の婚宴だったとすると不自然な話ではない。

いずれにしても、ペトロよりもマグダラのマリアと「イエスに愛された弟子」が存在感を持つグノーシス主義ヨハネ福音書を異端とされたカタリ派は偏愛したということである。

ブラヴァツキーは『シークレット・ドクトリン』の中で、グノーシス派を高く評価している。

仏陀ピタゴラスではじまり、新プラトン派とグノーシス派に終わるこの時代は、頑迷と狂信の黒雲によって曇らされることなく、過ぎ去った幾時代もの昔から流れ出た輝かしい光線が最後に集まって現れた、歴史の中に残された唯一の焦点である。*8

マダムの覚書、2016年4月6日 (水) 19:49

 

○ 拙ブログ「マダムNの覚書」における関連カテゴリー

マダムNの覚書: Notes:グノーシス・原始キリスト教・異端カタリ派

*1:マグダラのマリア」『フリー百科事典 ウィキペディア日本語版』。2016年2月10日 (水) 17:04 UTC、URL: http://ja.wikipedia.org

*2:マグダラのマリア」『フリー百科事典 ウィキペディア日本語版』。2016年2月10日 (水) 17:04 UTC、URL: http://ja.wikipedia.org

*3:2012年09月19日16:15JST[ボストン 18日 ロイター]キリストに妻いた可能性示す文献発見か、論争再燃もイエス・キリストが妻について語ったと記されている文献が発見され、キリストに妻がいたかどうかをめぐる論争が再燃しそうだ。ローマで開かれた学会で、米ハーバード大学のカレン・キング教授が18日発表した。/名刺サイズの同文献は4世紀のものとみられ、古代エジプト語(コプト語)で「イエスは彼らに言った。『私の妻は』」などと書かれていた。/匿名の所有者が同文献をキング教授に持ち込み、解読を依頼した。エジプトもしくはシリアで発見されたものと考えられている。キング教授は同文献について、キリストが結婚していたことの証明にはならないとした上で、「初期の信者の一部が、キリストに妻がいたと信じていたことを示す初の証拠」と指摘した。/キリストに妻がいたかどうかをめぐる論争は以前から度々起きているが、2003年に発表された小説「ダ・ヴィンチ・コード」は、イエスが売春婦とされるマグダラのマリアとの間に子どもがいたとするストーリーを展開し、多くのキリスト教信者の怒りを買った。” 

*4:ペイゲルス&キング,山形・新免訳,2013,p.66

*5:ヨハネ13.23,新改訳聖書刊行会訳,1978・2版,p.190

*6:ヨハネ13.23,フランシスコ会聖書研究所訳,1984,p.360

*7:(11),フランシスコ会聖書研究所訳,1984,p.361

*8:H・P・ブラヴァツキー(田中恵美子&ジェフ・クラーク訳)『シークレット・ドクトリン 宇宙発生論(上)』神智学協会ニッポン・ロッジ,1989,序論p.181